GOAL

NEM(XEM)で支払い、かざすだけ。

Tofucashの構想

この記事では、今ブロックチェーンを使うために必要なことは何か、

Tofucashをなぜ始めたか、将来的にどのように進めていくかを紹介します。

 

使える状態のブロックチェーン

ブロックチェーンは良い技術です。

仮想通貨は悪だ、Bitcoinは失敗だという声があっても、

ブロックチェーンは意味がないという意見はほとんど耳にしないことからもわかりますよね。

 

世の中のほとんどのブロックチェーン自身は未完成です。

しっかりとしたプロジェクトのブロックチェーンは日々改良されています。

バグが見つかったり、攻撃されることもありますが、すぐに対処されます。

注目すべきことは、実際に使える状態のまま改良されている点です。

「完璧に全ての機能が実装でき、バグが無くなったら公開します」ではなく、

「とりあえず使ってみてください」という状態ですよね。

実際に使ってみて、有用性を確認できることはありがたいことです。

 

ブロックチェーンを使うために

NEMであれば、既にnemlog等のWebサイトで送金・投げ銭したり、tipnemのようにTwitterで投げ銭できるサービスがあります。

Bitcoinでも投げ銭サービスはあり、それだけでなく実店舗でQRコードを用いた支払いも行われはじめています。

しかし、支払いアプリは支払い専用の簡素なアプリです。

支払いだけできればいいのであれば、電子マネーの送金アプリでいいと思いませんか。

 

つまり、基盤のシステムであるブロックチェーンは十分使える状態にあるが、サードパーティー製のアプリケーションが不十分であるという現状です。

 

ブロックチェーンが100%完成してからアプリを作るのでは遅いのです。

新しいゲーム機のハードウェアが完成してからゲームソフトを開発するのではありませんよね。

ゲームハードと並行してゲームソフトは作られるため、同時に発表されて遊ぶことができます。

 

ブロックチェーンが100%完成していないからといって、アプリを作らなくていいわけではありません。

銀行間を繋ぐ専用回線は張り巡らせることはできたが、ATMが無いので利用者はお金を引き出せない」という状態です。

 

ブロックチェーンを実際に使うためには、アプリやWebサービスが必要不可欠です。

ブロックチェーンの実用化のためには、サードパーティーのアプリケーションが必要です。

 

もちろんサードパーティーでは無くても良いですが、ブロックチェーン自体の開発をしている優秀な人たちは、

ブロックチェーンを日々改良することに集中しています。

外部の誰でもブロックチェーンを使えるように十分なAPIが用意されているので、

そのAPIを活用して、利用者とブロックチェーンをつなげる橋を作る人が必要です。

 

サードパーティーアプリケーション

Webサイトに埋め込んで投げ銭できる、支払いできるプラグインは既に多く開発されています。

しかし、対面取引(店頭決済)がまだまだ進んでいないことに注目しました。

そこで私は持っている知識を活かし、仮想通貨の店頭決済アプリと決済システムを作ることに決めました。

それがTofucashプロジェクトです。

 

店頭で仮想通貨の非接触決済を行う方法は二つあります。

一つは既存の非接触ICリーダに仮想通貨決済を組み込む方法です。

これは、非接触ICリーダを開発している企業しか組み込むことができません。

もう一つは、新しい端末を作成してレジに設置してもらう方法です。

これなら1からシステムを設計できるので、柔軟に開発することができます。

ただし、新しく導入してもらうという障壁がありますが。

仮想通貨決済、特にNEMの非接触決済を理解してくださるところから導入していただきただければと考えています。

既存のレジと比べると機能はまだまだ少ないですが、値段は数万円程度なので比較しても安く仕上がる予定です。

しかし運用の前にまずはプロトタイプの開発に集中しています。

Tofucashが目指すもの

Tofucashは、初期段階では「送金・決済が簡単にできるアプリ」を目指します。

しかし、送金・決済ができるだけというアプリは多く存在します。

ブロックチェーンを活かし、「お金に関してできること」は送金・決済以外に沢山あるのではないでしょうか。

 

  • 送金履歴はブロックチェーンに全て乗っている→これを整理すれば残高管理ができる家計簿アプリになります。また、スマートコントラクトのような機能が無くとも、定期的に送金をする機能(購読など)はアプリが行えばいいのです。
  • あなたの財布にはポイントカード・クレジットカードがあふれていませんか→これはトークン(NEMであればモザイク)を使えば管理できます。送金履歴と同様に、ポイントの残高もすぐにわかります。
  • クーポンもあふれている→レシートに印刷されたクーポンは忘れてしまいませんか。お店のWebサイトに用意されたクーポンに気づき忘れたことはありませんか。決済時に思い出したいですよね。これもトークン・モザイクで実現できます。
  • 買い物ができるアプリ→対面取引だけではなく、オンラインショッピングでも使いたいですよね。最近ではフリマアプリが流行っています。購入だけでなく出品もできる、そしていい出品者か、入札者が支払い可能かどうかもわかります。

その他、割り勘、投げ銭、クラウドファンディングなど、様々な機能を検討中です。

 

「お金に関していないこと」であれば以下の機能も考えられます。

  • 毎日決済で使用・毎日起動するアプリ→メッセージサービス、SNS、ゲーム機能(ブロックチェーンを使ったガチャやビンゴゲーム)などが考えられます。
  • スマホをかざして使用→転売不可のチケットをトークン・モザイクで付加し、スマホかざして入場。スマホかざして勤怠管理。などなど、スマホをかざして使うアプリとブロックチェーンの組み合わせも考えられます。

 

しかし、何でもかんでも機能を追加すればいいというわけではありません。

ニーズにあったソリューションさえあれば十分です。

「お金に関していないこと」は将来のインテグレーションとして考えつつ、

まずは最低限、実用的なお金アプリと送金システムを開発、保守していくつもりです。

 

まずはNEMで

なぜNEMを選んだのか。

「コミュニティが充実していそう」「日本人のファンが他よりも多い感じがする」「NEMを使うアプリケーションを開発したと発表する人が多く、十分なAPIがあると予想される」「モザイクを活用できそう」「POI、ハーベスティングなどユニークでおもしろそう」

といういい印象があったからです。

プロジェクトを始める1年以上前から多少の機能は知っていました。

一方、「XEM流出→狙われやすい」というイメージや、「世間の人が、流出したNEMはよくないブロックチェーン・仮想通貨」と思っているのではないかという悪い印象もありました。

おもしろいブロックチェーンなのに、世間からは避けられ、本当にもったいないと思っていました。

 

この機会に、このアプリケーションからブロックチェーン、特にNEMの良さを多くの人に知ってもらえればいいと考えています。

 

計画

現在、近い先までの計画しか立てておりません。

計画を立てるためには、まずプロトタイプを見て実現可能性を判断する必要があるからです。

 

2018年9月末・・・プロジェクト開始

2018年10月3日・・・プロトタイプその1

2018年10月11日・・・プロトタイプその2

2018年10月21日頃・・・プロトタイプその3

2018年10月31日頃・・・プロトタイプその4

2018年11月・・・実験・法人化検討・セキュリティチェック

その先未定

 

将来

キャッシュレスはお金が回るようになると言われています。

これは投げ銭サービスで実感しています。(現在nemlogとTwitterで1000XEMほど頂いております。本当に励みになっています。ありがとうございます。)

東京オリンピック前後でバブルが崩壊するとも言われている現在、仮想通貨がそれを変えることが出来るのではないでしょうか。

価格だけの高騰こそバブルに繋がってしまいますが、ブロックチェーンと仮想通貨の実用化が一役買えるような予感がします。

また、グローバルなブロックチェーンを使い、訪日外国人とのコミュニケーションにも関われるのではないかと模索中です。

もちろん訪日外国人が日本のお店でNEM決済というのも期待しています。

 

これから数年の間に、価格高騰の云々ではなく、技術の理解と認知が広まり、有用なブロックチェーンの実用化・仮想通貨の実用化は必ず進んでいきます。

その先駆けとなればいいなと考えています。